トイレリフォームの節約法

トイレリフォームを低費用で計画する方法としては、内装のみ依頼する方法をとるか、もしくは便座のみといった部分的な変更するという方法などがあげられます。安くトイレリフォームしたい場合には、部分的にリフォームするなど、工夫を凝らしてみると良いでしょう。

■リフォーム用を使う

リフォーム用のトイレを用意して交換をする工事の場合、排水管を移動させる必要がありませんし、床の撤去等の作業も不要です。既存の設備をある程度使いまわせるため、経済的にリフォームできます。コンセントが個室に備えられていない等の稀な場合は、電気配線の工事が必要となります。



■便座と内装について

古くなった便座を交換するだけなら、便器は既存のものを残しておいて問題ありません。便座にもさまざま機能が付いたタイプがあるため、比較検討をした方がよいでしょう。本当に必要と思える機能が備わっているとともに、予算内でリフォームできるかどうかを考えるべきです。内装を一新するという場合においても既存のトイレの交換は必要ありません。トイレの雰囲気をガラッと変えることができます。工夫次第で今と異なる空間を演出できるでしょう。


■まとめ
トイレリフォームの費用をできるだけ安くする方法はあります。リフォーム用の便座を用意したり、部分的なリフォームを行ったりと、節約する方法は多彩です。望むべくトイレリフォームとなるかの問題はあるものの、ポイントを抑えて対応していきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ