トイレリフォームと助成制度について

トイレリフォームを行う場合に国や自治体の補助金や助成金を受け取ることができる場合がありますが、まだ認知度は低いです。できるだけ経済的な負担を軽減することを考えるにあたって、助成制度を活用しない方法はないといえます。

■工事費の9割まで支給

介護保険で、バリアフリーリフォームに関する補助金は工事費の9割を上限として助成されます。段差をなくしたり、ドアではなく、横に開けるタイプの戸に変えたり、床で滑って転倒を防ぐために床の木材を滑りにくいものに替える等のトイレリフォームを行う場合は、自治体に補助金の申請を行えます。工事を行う前に、お住まいの自治体で、該当するリフォームかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

■条件に該当するか否か

地方自治体による補助金を受けるためには、いくつか条件を設けているところが多いです。具体的には、自分の好きな業者を選べない、指定業者での工事が必要等の条件です。該当するか否かということを考えないといけません。リフォーム減税制度においても、税制優遇の措置を受けるためには、一定の要件が設けられているため、前もって確認が大切です。リフォーム工事の後には、確定申告を行ったり、市区町村への手続きがあることも、覚えておいた方がよいでしょう。居心地のよい空間とするためにはしっかり助成制度を理解した方がよいといえます。

■まとめ
トイレリフォームにおける助成制度についての理解を深めることができます。魅力的な内容ではあるものの、さまざまな条件をクリアできるかどうかの問題もあります。経済的な負担を少しでも抑えることを考えるのなら、トイレリフォームの助成制度を有効活用しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ