トイレリフォームは工事の内容次第で費用が変わる

本体の価格、設置における工事費、材料費の3つが主なトイレリフォーム費用の内訳です。特に注目すべきは内装工事が必要になった場合に費用が大きく変わることにあります。それぞれのケースで異なる費用について把握していきましょう。

■温水洗浄便器へのリフォーム

温水洗浄便器のように、機能がついた便座にリフォームするケースですと、交換箇所は便座のみです。そのため、比較的費用は抑えられます。交換時間は30分程度で、自分で交換作業を行うこともできます。便座のみ交換する場合は3万円から6万程度、便器自体を交換する場合は15万円程度かかります。床の張り替えを行う場合は一緒に行った方が費用を抑えられるのが注目点です。

■タンクレストイレへのリフォーム

タンクレストイレへのリフォームは、便座周りがすっきりとしますので、個室内が広く感じられます。ただ、全てのトイレに適応するものではありません。例えばトイレが狭かったり、配管の構造が適していなかったりすると、タンクレスへの変更は難しくなります。仮にタンクレスにできたとしても、手洗い器を別に新設しなければなりませんので、その点も踏まえて工事を検討する必要があります。費用の目安は18万円程度です。

■まとめ
トイレリフォームは工事の内容次第で費用が変わることを覚えておかないといけません。さらに、トイレリフォームを行う場合はできるだけ一緒に工事を行った方がお得となります。選ぶ機種や設置場所によって費用が変わるものの、おおよその費用を把握することはできます。どういったトイレリフォームを行うべきかをまずは考えてみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ