介護のためのトイレリフォームでかけるべき費用

介護のためのトイレリフォームはまだ必要ないと思っても、今後のことを考えて高齢者や車いすでも使い勝手のよいバリアフリーリフォームは視野に入れておくべきです。問題となるのはどういった点に対してアプローチすればよいかどうかです。

■手すりと段差の問題

介護が必要となった場合には手すりを取り付けるのが効果的です。手すりを取り付けるために必要な費用は、おおよそ5万円から15万円程度です。手すりにつかまりながら家の中での移動がしやすくなります。トイレの段差を解消するのも1万円程度での設置が可能です。車いすの利用に加え、妊娠中のつまずき防止にもなります。いかに安心してトイレを利用できるかという点を考えるのが大切です。

■準備をしっかりとしておこう

バリアフリーを導入しようとしているときには、部屋の間取りや見積もり料金、業者の選定など準備することは意外と多いものです。市町村別によっては助成金の対象になる場合もあります。また、介護される人が、さらに年を取ったときのことも考えて、将来を見据えたリフォームをする方法もあります。この点は、実際に何回も専門的なリフォームを行ったことがある専門業者に相談、見積もり段階から予算などを確認しておくと間違いありません。

■まとめ
介護のためのトイレリフォームでかけるべき費用という観点をから考える場合、まず何が備わっているのが望ましいかをはっきりさせましょう。助成金の手続きや、実際の施工内容など十分に確認して総合的に検討をすることをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ