Iconixの手法は設計初学者にもわかりやすいらしい


弊社では、月一で勉強会を開催しています。
私個人の目的としては、RDRAで要件定義、そこからIconix、DDDそしてテスト、実装とシームレスにいける過程を体験してもらい、社内でこれらを標準として採用してもらいたいとの意図があのですが…

サンプルアプリとして会議室予約システムをRDRAで要件出しが終わり、今回はIconixを説明。

ロバストネス図など難しいかもと思っていたが、実践しながら説明すると案外受け入れられ易いという事がわかった。

やはり、実践的ですぐコードに落とせる感じが良いのかな?と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です