「知っていることを他人にシェアしたほうがいい本当の理由」に納得した話


lifehackerより
知っていることを他人にシェアしたほうがいい本当の理由

この記事の前提となっている以下の点を強調しておきたいのです。

それは、「自分はそれほど詳しくないと思っていても、自分ほどの知識が無い人はたくさんいる。」ということです。

たとえ、それに費やした時間が1分でも、まだ始めてもいない人は必ずいるはずですからこの前提はきっと正しい。

そう考えると、どんなことでもいいから知っていることをシェアすることには価値がありそうです。

上記記事を読むと、知っていることをシェアする効果は絶大であるようです。

記事の内容を最近私がはまっているシステム思考のループ図にまとめてみました。
シェアする
図を説明すると、シェアすればするほど、知らない人が情報を得、シェアした人は専門家と見られていきます。
また、最初からシェアする意識で学ぶことや、フィードバックから学ぶことで、
さらに学習効果が高まり、ますます専門家になっていくということです。

専門家になるということは、相手がいてはじめて専門家になっていくのですね。

結論を上記記事から引用します。

たとえ生徒が1人もいなくても、ブログを始めるなり、ポッドキャストやビデオを録るなりして、自分の知識を共有しましょう。

これまで私自身、あまりブログも更新してこなかったし、TwitterもFacebookも中途半端だったので、これを機にいろいろシェアしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です